Go to Contents Go to Navigation

暴行死事件あった師団所属の「関心兵士」 2人自殺=韓国 

記事一覧 2014.08.12 09:00

【ソウル聯合ニュース】韓国陸軍第28師団に所属する兵士2人が、休暇中に首をつって一緒に死んでいるのが見つかった。

 軍や警察、消防によると、11日午後10時24分ごろ、ソウル・銅雀区内にあるマンションの21階のベランダで、休暇中だった第28師団所属の23歳の上等兵が同じ中隊の21歳の上等兵とともに物干しに首をつって死んでいるのが見つかった。ここは23歳の上等兵の自宅で、姉が発見し警察に通報した。

 死亡した2人は私服姿だった。遺書は見つかっていない。

 2人が所属するのは、先輩兵士らの集団暴行により1等兵が死亡する事件があった師団だ。23歳の上等兵は適性検査で部隊生活への適応が難しい「関心兵士」(B級)、光州市に自宅がある21歳の上等兵も関心兵士(A級)と診断され、精神科の治療を受けていたことが分かった。

 2人は3日と6日にそれぞれ休暇に入り、12~13日に部隊に戻る予定だった。軍憲兵隊と警察は自殺とみて経緯を調べている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。