Go to Contents Go to Navigation

7月の韓国造船受注量 中国抜き再び世界トップに

記事一覧 2014.08.12 10:40

【ソウル聯合ニュース】韓国造船業界の先月の船舶受注量が中国を上回った。

 海運・造船市況分析機関の英クラークソンによると、7月の国別受注実績は韓国が33隻、139万9000CGT(標準貨物船換算トン数)で、中国の57隻、122万3000CGTを抜き2月以来5カ月ぶりに世界トップの座に返り咲いた。前月(38万8000CGT)より3.6倍増加した。

 月ベースの市場シェアも韓国は42.8%と中国の37.5%、日本の3.5%を上回った。

 業界関係者は「7月にサムスン重工業の石油タンカーやガス輸送船受注、大宇造船海洋のロシア・ヤマルプロジェクトの砕氷LNG船契約締結など、大型船舶の受注が相次ぎ受注実績が大幅に伸びた」と説明した。

 だが、1~7月の累計は韓国が206隻、724万5000CGT(市場シェア28.6%)、中国が582隻、1136万6000CGT(同44.9%)と依然として中国に大きく水をあけられている。受注額は中国が208億ドル(2兆1265億円)で、韓国(193億ドル)をやや上回った。

 全世界の受注残は8月初旬の時点で1億1482万CGTと前月比50万CGT増加した。3月以来5カ月続いてきた世界的な受注残の減少傾向に歯止めがかかった。

 韓国造船企業の受注残も8月初旬の時点で3363万CGTと前月より35万CGT増加した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。