Go to Contents Go to Navigation

韓日外相会談で産経記事に言及 「当然のこと」=韓国

記事一覧 2014.08.12 16:15

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の韓恵進(ハン・へジン)副報道官は12日の定例会見で、旅客船セウォル号沈没事故当日の朴槿恵(パク・クネ)大統領の動静に関する疑惑を報じた産経新聞の記事が韓日外相会談で取り上げられたことについて、「韓日関係の安定的な発展に向けた議論を行う過程で国民感情を大きく悪化させたこの事案について議論するのは当然のことだと思う」と述べた。

 韓国の市民団体は同記事が朴大統領の名誉を毀損(きそん)したとして、産経新聞ソウル支局の加藤達也支局長(48)を告訴。ソウル中央地検は加藤氏に出頭するよう求めている。

 韓副報道官は「根拠のない流言飛語を基にして国家元首の名誉を毀損した悪意的な報道で、極めて重大な事案とみている」と指摘。外相会談では「両国民の感情を傷つけてはならないということで報道について言及した。日本側の注意を喚起したもの」と説明した。

 韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は9日、ミャンマー・ネピドーで開催された岸田文雄外相との会談で、報道に関する韓国側の遺憾の意を伝えた。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。