Go to Contents Go to Navigation

輸入物価が5カ月連続下落 ウォン高影響=韓国

記事一覧 2014.08.13 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国の輸入物価が5カ月連続下落した。輸出物価は4カ月ぶりに上昇に転じた。

 韓国銀行(中央銀行)が13日発表した7月の輸入物価指数(2010年を100とする)は94.97で、前月比0.5%下がった。2009年10月(93.28)以来、4年9カ月ぶりの低水準となった。

 原材料価格の安定やウォン高ドル安に伴い輸入物価(ウォンベース)の前月比での下落は5カ月連続。

 先月はドルなどの契約通貨ベースでの輸入物価も同0.6%下落した。国際原油価格の下落が影響した。

 原材料の輸入価格が1.8%下落したが、中間財(0.3%)、資本財(0.1%)、消費財(0.1%)は上昇した。

 品目別では鉄鉱石(マイナス17.5%)、大豆(マイナス6.7%)、原木(マイナス4.9%)の下落幅が大きかった。キシレン(5.6%)、牛肉(3.8%)、フラッシュメモリー(2.9%)は上昇した。

 一方、先月のウォンベースの輸出物価は同0.3%上昇した。ウォン・ドル相場などの影響を受けた。

 農林水産品が1.2%、化学製品(1.7%)、半導体・電子表示装置(0.9%)など工業製品が0.3%それぞれ上昇した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。