Go to Contents Go to Navigation

美容整形手術の種類 約130種=韓国調査結果 

記事一覧 2014.08.15 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国で行われている美容整形手術の種類は約130に達することが分かった。

 韓国保健医療研究院は15日、全国160の病院のホームページを基に美容整形手術の種類を集計した結果、15の身体部位について134種類の手術があると明らかにした。この数値は一般的に難易度によって区別される「手術」と「施術」を合わせた数。

 「目元」の場合、最も一般的な二重まぶた手術のほかにも、目元矯正、涙袋形成、目頭切開など7種類ある。「胸」については、シリコンバッグなどを挿入する豊胸手術、脂肪を注入する豊胸手術、下垂乳房形成手術など16種類に及ぶ。二重まぶた手術は埋没法や切開法など手術方法が約940種類に達する。

 昨年発刊された国際美容外科学会報告書によると、2011年基準で整形手術や美容施術件数で韓国は世界で7番目に多く、人口1万人当たりの件数ではトップだった。

 また、同研究院が12年1月から昨年7月まで広告などを除く美容整形関連の短文投稿サイト「ツイッター」の書き込み、46万4226件を分析した結果、最も関心が高い整形部位は「目」だった。

 同研究院はこのほど今回の分析結果などを基に、美容整形手術を受ける人が手術前後に点検すべき内容や手術の種類別情報などをまとめた「美容整形施術利用者情報集」を発刊した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。