Go to Contents Go to Navigation

軍でまた不祥事 幹部が巨額のネット賭博=韓国

記事一覧 2014.08.20 10:06

【ソウル聯合ニュース】韓国軍関係者は20日、インターネットサイトを使ってスポーツ賭博をしたとして、軍の幹部2人が摘発されたことを明らかにした。最近、韓国軍では暴行事件や兵士の自殺などの不祥事が相次いでおり、軍幹部の資質も問われそうだ。

 同関係者によると、摘発されたのは中尉(25)と軍曹(24)の初級幹部2人。軍曹は拘束され、中尉は不拘束で調べを受けている。スポーツ賭博で約3億ウォン(約3000万円)を使い込んだ軍曹が中尉にサイト登録を勧誘。中尉も約2500万ウォンを使い込んだという。

 軍曹は中尉に対し、「サイトがハッキングされ、IDを盗まれた」とうそを言い、訴訟費として融資を受けるよう要求した。中尉は身元が露見することを懸念し、約4500万ウォンを軍曹に渡したが、軍曹は返さなかった。軍曹は民間人から借りた約1800万ウォンも返さなかったという。犯行は中尉が軍曹を詐欺容疑で告訴し、明らかになった。

 軍当局はネット賭博サイトに登録した別の幹部がいるかどうか、捜査を進めている。

 国防部によると昨年、「現役不適合」と判定され除隊した幹部は261人で、今年上半期は206人が除隊した。今年通年では400人に達するとの見通しを示している。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。