Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜のシェア7割切る 輸入車人気で=韓国

記事一覧 2014.08.25 10:18

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車産業協会(KAMA)が25日発表した上半期(1~6月)の新規登録台数によると、現代自動車のシェアは42.7%、起亜自動車は26.8%で、両社を合わせたシェアは69.5%にとどまった。上半期ベースで現代・起亜のシェアが70%を切るのは2007年(69.0%)以来7年ぶり。

 現代・起亜の上半期のシェアは08年に71.7%と7割台に乗り、09年には過去最高の78.0%に達した。以後、10年に72.0%、11年に73.8%、12年に75.0%、13年に71.1%と推移した。

 現代・起亜のシェアが低下し始めたのは輸入車販売が大きく伸びているため。上半期ベースで07年に4.5%に過ぎなかった輸入車のシェアは、今年12.4%と約3倍に拡大した。

 業界関係者は「以前はぜいたく品という認識が強かった輸入車は燃費や性能に優れたディーゼル車や中小型車などを打ち出し、韓国市場を積極的に攻略している」と指摘。現代・起亜がシェア7割を回復するのは厳しいとの見方を示した。

 別の関係者も「急激に輸入車業界が国内市場を席巻し、国内自動車産業の基盤が弱体化している」と懸念する。現代・起亜は韓国市場を寡占しており、輸入車との競争に素早く対応できないと指摘し、韓国完成車メーカーは似通ったモデルで競争するのではなく輸入車に対抗できる新しい車種を開発する必要があると強調した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。