Go to Contents Go to Navigation

韓中日学生が協力策話し合う会議 ソウルで開催

記事一覧 2014.08.29 11:46

【ソウル聯合ニュース】韓国と中国、日本の大学生らが集まり3カ国の協力策を話し合う「韓中日青年模擬首脳会議」が29日、ソウルで開かれた。

 韓国外交部と3カ国協力事務局が主催し、3カ国の大学生や大学院生ら約50人が参加した。「北東アジアの平和協力実現のための韓中日3カ国協力」をテーマに討論を行い、共同宣言文を作成した。

 参加者は会議に先立ち4日間、経済・環境・文化の3分野別の委員会で大気汚染や3カ国間の自由貿易協定(FTA)、観光促進などさまざまな懸案について討議した。

 会議と同日に行われた閉幕式では外交部の李相徳(イ・サンドク)東北アジア局長があいさつを述べたほか、3カ国協力事務局の岩谷滋雄事務局長らが出席した。

 同部関係者は「3カ国協力の主役となる学生が会議を通じて相手国に対する理解や連帯感を高めてほしい」と話した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。