Go to Contents Go to Navigation

殺人罪で起訴の船長 証人として出廷=韓国船沈没事故 

記事一覧 2014.08.29 14:33

【光州聯合ニュース】韓国旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を救助せず脱出したとして殺人罪などに問われた同船の船長イ・ジュンソク被告が29日、光州地裁で開かれた同船の運航会社、清海鎮海運の役員らに対する公判に証人として出廷した。

 イ被告は出航前の安全点検報告表作成がずさんに作成された経緯について検察に問われると、「慣行としてやった」と話した。

 当時、報告表は乗客数、貨物積載量が空欄のままで3等航海士がイ被告の名前で署名し運航管理室に提出された。

 同船の正式な船長は誰かと尋ねられると「シン氏(同船の別の船長)が正式な船長で私は代替船長」と主張した。

 また、事故現場が危険海域だったにもかかわらず操舵室を離れ寝室に行ったことについて「狭水路だがかなり広い海域で航海士(3等航海士)が無難に(操縦を)こなせると思った」と弁明した。その上で、船長が操舵室で勤務すべき区間であったことを認めた。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。