Go to Contents Go to Navigation

東京国立博物館所蔵の文化財返還を 簡裁に調停申請=韓国団体

記事一覧 2014.08.29 19:40

【東京聯合ニュース】韓国の僧侶で文化財の返還運動を展開する市民団体代表、慧門(ヘムン)氏は29日、東京国立博物館が所蔵する韓国文化財の返還を求める調停を東京簡易裁判所に申請した。

 慧門氏は、朝鮮が日本の植民地だった時代に南鮮合同電気の社長などを務めた日本人事業家、小倉武之助氏(1870~1964)が1910~1950年代に朝鮮半島全域で収集した「小倉コレクション」のうち、盗難品の疑いがある朝鮮王室のかぶとなど、34点の所蔵を取りやめるよう求めている。

 理由として、盗難品の寄贈を受けることを禁じている国際博物館会議(ICOM)の規約に反していることを挙げている。

 また慧門氏は博物館側に繰り返し同内容について要請したが回答がなく、これは「由来を持つ国家や民族が博物館の資料の返還を要求すれば、これに対し対話する準備をしなければならない」との規定にも反していると主張した。

 慧門氏は「調停委員会が2カ月以内に期日を定め、当事者を呼んで話を聞くと予想する」とコメントした。

 今回の調停申請は所蔵の取りやめを要求する形で提起されたが、最終的に文化財が東京博物館から韓国に返還されることを目指し、推進された。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。