Go to Contents Go to Navigation

欧州最大の家電見本市 サムスン・LGが自慢のTV出展へ

記事一覧 2014.08.31 10:50

【ソウル聯合ニュース】欧州最大の家電見本市「IFA」が9月5~10日(現地時間)、ドイツ・ベルリンで開かれる。出展企業は47カ国・地域の1500社で、来場者数は約24万人になると見込まれている。韓国メーカーからはサムスン電子やLG電子などが出展する。

 IFAを控え、最も積極的な取り組みを行っているのはLGだ。同社は世界で初めて、65型と77型の高画質・4K有機ELテレビを発表した。同社は無限大のコントラスト比などの特性がある有機ELが2~3年内に液晶パネル(LCD)を代替する「ゲームチェンジャー(市場の流れを変える者)」になるとの見通しを示している。

IFAには4Kテレビもフルラインアップで出品する。

 サムスン電子は最大規模(8730平方メートル)の展示ブースを設ける。4Kに対応した78型のベンダブル(画面が曲がる)テレビをお披露目する予定。ベンダブルテレビはリモコン操作で画面の曲率を調整できる。また、世界最大の105型曲面4Kテレビなどを展示する。

 今年上半期の世界の4Kテレビ市場で、サムスンは36.6%、LGは11.4%のシェアを占め、1位と2位になった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。