Go to Contents Go to Navigation

韓中日の自治体による交流会議開幕 韓国・亀尾で

記事一覧 2014.09.01 14:16

【亀尾聯合ニュース】「第16回韓中日3カ国地方政府交流会議」が1日、韓国南東部の慶尚北道亀尾市で開幕した。

 4日まで開かれる会議には3カ国から計489人の地方自治体関係者が出席する。

 会議では「人文交流拡大を通じた韓中日交流の活性化」をテーマに発表や討論を実施。長崎県の石塚孝副知事は江戸時代などに訪日した使節団、朝鮮通信使を中心に3カ国交流の新たな方向性を提示した。また、全羅北道全州市の曺捧業(チョ・ボンオブ)副市長は3カ国地方自治体交流協議体の創設を提案した。

 また、韓国の大邱市と中国福建省福州市、韓国・忠清北道と山梨県など、3カ国11の自治体関係者が参加し、交流面談を行った。

 慶尚北道の金寛容(キム・グァンヨン)知事は歓迎のあいさつで、「3カ国は違いを克服し北東アジア地域の平和な未来を切り開くために努力すべきだ」と話した。 

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。