Go to Contents Go to Navigation

新駐日韓国大使 舛添都知事に嫌韓デモ対策を要請

記事一覧 2014.09.10 15:47

【東京聯合ニュース】韓国の柳興洙(ユ・フンス)新駐日大使が9日、都庁に舛添要一東京都知事を表敬訪問し、嫌韓デモ対策などについて意見を交換した。在日韓国大使館関係者が10日明らかにした。 

 柳大使は舛添知事に対し、日本の嫌韓デモに対する対策を積極的に行うよう求めたという。

 舛添知事は7月末に韓国を訪問した際、朴槿恵(パク・クネ)大統領と会談し、嫌韓デモは民主主義の土台を揺さぶるものであり、正面から対処するとの考えを示した。

 また日本メディアの報道によると、舛添知事は2020年に開催される東京五輪・パラリンピックに関して韓国の協力を要請した。さらに、19日から3日間の日程で韓国・仁川を訪問し、アジア大会の開会式に参加するほか競技施設などを視察する計画で、東京五輪の成功のため仁川アジア大会の経験を学びたいと述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。