Go to Contents Go to Navigation

「正恩氏に会いたかった」 泳いで訪朝試みた米国人が逮捕

記事一覧 2014.09.17 16:47

【ソウル聯合ニュース】米国国籍の男性が韓国北部の京畿道金浦市から北朝鮮へ越境しようとして、韓国軍に逮捕されていたことが17日、分かった。

 韓国政府筋によると、男性はアラブ系の米国人。16日午後11時55分ごろ、金浦地域から漢江を泳いで北朝鮮へ渡ろうとしたところ、韓国海兵隊に身柄を拘束された。情報機関の国家情報院など韓国の関係当局は男性が北朝鮮入りを試みた経緯などを調べている。

 29歳とみられる男性は逮捕後、「北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)に会うために北朝鮮に行こうとした」と供述しているという。

 米テキサス州にあるパソコン会社で修理の仕事をしている男性は10日前に韓国入りした。逮捕当時、ペットボトル4個が入っているかばんを持っていた。金浦大橋付近で漢江に飛び込んだという。

 韓国軍と国家情報院は男性がスパイである可能性はないとみている。消息筋は「潮流に乗って北方向に泳いでいる途中で疲れ、川岸で横たわっていたところを海兵隊が見つけた」と伝えた。金浦地域で訪朝を試みた米国人が摘発されるのは初めてという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。