Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部の来年予算案 慰安婦問題などで広報活動強化

記事一覧 2014.09.18 16:48

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は18日、2015年の予算案を発表した。このうち、外交部の予算案は14年より2.9%増の2兆495億ウォン(約2100億円)だった。外交部の予算案が2兆ウォンを超えるのは初めて。

 国際社会で外交政策に関する理解を広め、友好的な外交環境をつくる「公共外交」(広報文化外交)関連予算が131億ウォンと大幅に増額された。同予算は13年に60億ウォン、14年に90億ウォンと増加傾向にある。海外の市民社会や学界などとの交流を拡大し、旧日本軍の慰安婦問題や独島問題など、外交課題に関する理解を高めていくのが狙い。日本が米国なでロビー活動を強化していることも考慮したとみられる。

 一方、在外国民の安全保護予算は51億から99億ウォンに増やした。新規事業として、従来の領事コールセンターの機能を拡大した「在外国民安全情報センター」の新設に40億ウォンを計上した。

 韓国政府の無償援助を担当する韓国国際協力団(KOICA)に充てる政府開発援助(ODA)予算は6200億ウォンから6800億ウォンに増額した。

 国際社会に対し、独島が韓国固有の領土であることをアピールし、東海の「日本海」表記などに対応する領土主権守護事業には今年と同水準の48億ウォンを割り当てた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。