Go to Contents Go to Navigation

韓国最大野党 非常対策委員長を選出=混乱収拾目指す

記事一覧 2014.09.18 18:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の最大野党、新政治民主連合は18日午後、国会で会議を開き、党の再建を担う非常対策委員会の委員長に文喜相(ムン・ヒサン)国会議員を選出した。

 同党は7月30日に実施された国会議員の再・補欠選挙で惨敗したことを受け、非常対策委員会の委員長に就任した朴映宣(パク・ヨンソン)院内代表の離党問題をめぐり、深刻な内紛状態にあったが、文氏はこれを正常化し、来年初めの全党大会で行われる党代表選を公正に管理することが求められる。

 文氏は2012年の大統領選挙で民主統合党(現新政治民主連合)が敗北した直後にも非常対策委員長を務め、混乱に陥った党を取りまとめた。

 新政治民主連合が非常対策委員長の重責を再び文氏に託したのは、派閥色が薄く、政治経験と貫禄を兼ね備えた「管理型リーダー」であるためとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。