Go to Contents Go to Navigation

日本との首脳会談めぐり軟化か 「問題は環境と時期」=韓国

記事一覧 2014.09.25 15:42

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は25日の定例会見で、日本との首脳会談について、「環境整備が重要だ」とした上で「問題は環境と時期」と述べた。

 魯報道官は「(会談を)しないと話したことはない。別の言い方をするとオープンな立場だ」と表明。「ただ、歴史問題に対する誠意ある行動が見えなければならない」とした。環境整備の重要性を強調した発言だが、首脳会談の開催に対する姿勢が柔軟になったとも受け止められる。

 両国は米ニューヨークで25日午後(現地時間)に外相会談を行い、首脳会談の開催についても議論する予定だ。

 一方、同部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が提案した北朝鮮の人権状況改善を話し合う南北対話を北朝鮮が非難したことに関し、「北は最近発刊した人権報告書で、『国際人権分野で対話と協力を実現する、人権対話に反対したことはない』と言及している」と指摘。「今後、南北間で開かれる対話で人権を含む人道問題全般について包括的な協議が行われることを期待する」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。