Go to Contents Go to Navigation

中国領事館 韓国当局の銃撃による自国船長死亡に「不満」

記事一覧 2014.10.10 15:27

【木浦聯合ニュース】10日午前、韓国南西部の全羅北道・扶安郡の沖合で不法操業をしていた中国漁船の船長が、韓国海洋警察の撃った実弾に当たって死亡した事故を受け、中国総領事館側が「遺憾と強い不満」を表明した。

 事故直後に全羅南道の木浦海洋警察署を訪れた光州の中国総領事館の副総領事は「非常に遺憾でとても悲しい。驚いており、強い不満を表明する」と述べた。

 中国側が外交的な措置を取る可能性を問われると、具体的な状況を把握した上で判断する考えを示した。

 同日午前8時半ごろ、扶安郡の西約144キロの沖合で不法操業をしていた中国漁船の船長が、操業を取り締まっていた海洋警察の撃った実弾に当たり、呼吸困難などの症状で病院に搬送されたが、死亡した。

 海洋警察は漁船に乗り込んだ際に船員らが激しく抵抗したため、拳銃(K5)で空砲3発と実弾8発を発射した。その際に、実弾に当たったとみられる。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。