Go to Contents Go to Navigation

民間団体のビラ散布 韓国政府「必要なら制限」

記事一覧 2014.10.13 12:06

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は13日、民間団体による北朝鮮批判ビラの散布を当面制限する方針を示唆した。

 統一部の林丙哲(イム・ビョンチョル)報道官は同日の定例会見で「実際にビラに向け北の銃撃があった上、着弾地周辺の住民の反発と懸念を考慮する」と述べ、必要な場合は安全措置を取る方針を明らかにした。

 10日に発生したビラ散布に対する北朝鮮の銃撃で、一部の銃弾が落下した北部の京畿道漣川郡の住民らが不安を訴えており、政府が当面は警察など公権力を動員し、ビラ散布を制限する方針を示したとみられる。

 ただ、林報道官は「ビラ散布は民間が自律的に判断し進めることであり、政府が強制的に制限できる法的根拠はないというのが基本的な立場であることに変わりはない」と述べた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。