Go to Contents Go to Navigation

LGディスプレー 大型液晶パネルで世界首位守る

記事一覧 2014.10.21 10:11

【ソウル聯合ニュース】テレビやモニター、ノート型パソコンなどに用いられる大型液晶パネルの出荷で、韓国のLGディスプレーが2009年10~12月期から20期連続で世界首位をキープした。

 米調査会社のディスプレイサーチは21日までに、7~9月期の大型液晶パネル(9.1インチ以上)の世界出荷量を1億8165万枚と集計した。前期の4~6月期に比べ0.8%増加した。このうち、LGディスプレーが3930万3000枚で、シェア21.6%と首位だった。

 ただ、前期に比べると出荷数は13.6%減少し、シェアも3.6ポイント低下した。

 LGディスプレーの関係者は「液晶パネルの大型化に集中しており、7~8月に第8世代の生産ラインの工程を転換したため出荷量が一部減少した。しかし、面積や売上高では成長を維持した」と説明した。

 同じく韓国勢のサムスンディスプレーは、7~9月期に3601万7000枚を出荷し、シェアは19.8%で2期連続3位だった。前期(18.6%)よりシェアが拡大したものの、2位を奪還できなかった。

 前期にサムスンディスプレーを抜いて2位に浮上した台湾の群創光電(イノラックス)の7~9月期の出荷量は3706万3000枚、シェアは20.4%だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。