Go to Contents Go to Navigation

慰安婦を扱った韓国映画「鬼郷」 撮影開始

記事一覧 2014.10.23 20:54

【居昌聯合ニュース】旧日本軍による慰安婦被害者を扱った映画「鬼郷」(原題)の撮影が23日、韓国南部の慶尚南道で開始された。

 撮影現場には日本の俳優や、在米韓国人らを後援するユ・ヨング全米後援会長なども訪れた。ユ氏は映画製作に5000ドル(約54万円)を後援し、今後も支援を続けるとしている。

 同映画は市民の後援金により製作されている。後援を行うと、映画関連商品や試写会招待券などを受け取ることができる。

 製作会社は、来年上半期に製作を終え、光復節(8月15日、日本による植民地支配からの独立記念日)に試写会を行い、公開する予定だ。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。