Go to Contents Go to Navigation

起亜自動車の営業益18.6%減 ウォン高直撃=7~9月

記事一覧 2014.10.24 11:21

【ソウル聯合ニュース】起亜自動車が24日発表した7~9月期決算によると、売上高は前年同期比1.9%減の11兆4148億ウォン(約1兆1600億円)、営業利益は18.6%減の5666億ウォンだった。営業利益は2012年10~12月期(4042億ウォン)以来の低水準。

 当期純利益は27.2%減の6574億ウォン。一方、販売台数は国外・海外合わせ13.0%増の71万1833台だった。

 新型のミニバン「カーニバル」や中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「ソレント」の新車効果で国内販売が伸び、海外でも小型SUV「スポーテージR」などの主要車種が好調で平均単価も上昇したが、ウォン高のあおりで営業利益が目減りした。同社は海外販売の割合が85%に達する一方で、海外生産の割合は44%に過ぎず、ライバルメーカー平均の75%に比べ低いためウォン高の影響をもろに受けた。

 1~9月の業績をみると販売台数は前年同期比8.8%増の225万8956台、売上高は1.2%減の35兆3951億ウォン、営業利益は18.0%減の2兆720億ウォンだった。

 同社関係者はウォン高が当分続き、円安の追い風を受けた日本メーカーとの競争が激しくなるとして、年末以降も厳しい状況が続くと予想。「競争力のある製品でブランド認知度を向上させ、実を優先させる経営で収益性を高める」と説明した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。