Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核兵器小型化技術は相当なレベル=韓国国防部長官

記事一覧 2014.10.27 14:18

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は27日、北朝鮮が核兵器を小型化する能力について「技術が相当なレベルに達したものと推定している」と明らかにした。

 国会で行われた国防委員会による国政監査で与党セヌリ党の金成賛(キム・ソンチャン)議員から「北はスカッドミサイルに核兵器を搭載できるのか」との質問を受けて述べた。ウラン弾も可能かと問わると、「そう考えている」と答えた。

 これに関し、軍と情報当局は北朝鮮が2010年末以降、年間最大40キロの高濃縮ウラン製造能力を持っていると分析している。

 ウラン弾1個を製造するのには高濃縮ウラン15~20キロが必要で、北朝鮮は理論的に言えば年間2個のウラン弾を製造する能力を持っている。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。