Go to Contents Go to Navigation

「東海」併記法署名のバージニア州知事 朴大統領と会談

記事一覧 2014.10.27 20:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は27日、青瓦台(大統領府)で米南部バージニア州のマコーリフ知事と会談し、両国の経済協力などについて意見を交換した。

 通商投資使節団を率いて同日来韓したマコーリフ知事は今年3月、同州の公立学校の教科書に「東海」(East Sea)と「日本海」(Sea of Japan)を併記することを義務付ける法案に米国50州の中で初めて署名したことで知られる。同州では7月から同法が発効した。

 朴大統領は会談で「韓国に対し多くの関心を持ち、両国関係の発展を支援してくれたことに対し感謝する」と謝意を伝えた。また「韓国とバージニアの経済協力で良い成果を上げ、韓米両国の経済協力にも多くの寄与があることを願う」と述べた。

 マコーリフ知事は「今回は『革新と新しいビジネスチャンスの創出』を主題に両国の投資増進のため、韓国企業を訪問する予定」とした上で、「バージニアは最も事業しやすい都市であるため、残りの49州は忘れてもかまわない」と同州への関心を求めた。

 また「バージニアの在米同胞社会はとても大きいだけでなく政治的にも大変重要な役割をしている」と説明。その上で、「州知事選挙の際に、私を支持したことに対して感謝し、彼らと緊密に協力することになったことをうれしく思う」と述べた。

 青瓦台の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官は「1月に就任したマコーリフ知事は州知事選挙期間に東海併記法案を公約として掲げ、当選後は法案に署名するなど、東海併記法案が通過するのに決定的な役割を果たした人物」と評価した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。