Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題 安倍首相と深い議論できず=韓国国会議長

記事一覧 2014.10.28 17:41

【東京聯合ニュース】訪日している韓国の鄭義和(チョン・ウィファ)国会議長は28日、東京都内のホテルで行った韓国報道陣との昼食会で、旧日本軍の慰安婦問題について安倍晋三首相と踏み込んだ議論をするのは難しかったと述べた。鄭議長は27日、安倍首相と会談した。

 鄭議長は安倍首相が慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した河野洋平官房長官談話を見直す考えはないと表明したことに関し、「先日(参院予算委員会で)した発言をそのまま繰り返した」と伝えた。その上で、安倍首相が発言した後に長い話はできない雰囲気になったと会談の様子を説明した。

 また日本で面会した要人らは、旧日本軍が慰安婦を強制連行したとする故吉田清治氏の証言に関する記事を朝日新聞が取り消したことについて言及したといい、慰安婦問題に触れることは困難な状況だったと伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。