Go to Contents Go to Navigation

試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期

記事一覧 2014.10.30 09:43

試練のサムスン 営業益が前年比60%減=7~9月期

サムスンの曲面スマホ 26日発売

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子が30日に発表した7~9月期の営業利益(確報値)は4兆600億ウォン(約4200億円)だった。前期の7兆1900億ウォンに比べ43.5%減、前年同期の10兆1600億ウォンに比べ60.1%減となった。

サムスンのヘッドセット 来月世界発売

 本業のもうけを示す営業利益が5兆ウォンを下回るのは、2011年10~12月期以来、約3年ぶり。営業利益は今月初めに発表した速報値より400億ウォン減った。

 売上高は47兆4500億ウォンだった。前期より9.4%減、前年同期比19.7%減となった。

 スマートフォン事業を担当する主力事業部のITモバイル(IM)部門の営業利益は1兆7500億ウォンだった。同部門の営業利益は今年1~3月期に6兆4300億ウォンを記録したが、4~6月期に4兆4200億ウォンに減少したのに続き、今回は1兆ウォン台に急落した。

サムスン「ノート4」発売

 半導体とディスプレーを担当するDS(部品)部門の営業利益は2兆3300億ウォンで、前期(2兆900億ウォン)より業績が改善した。特に半導体は2兆2600億ウォンの営業利益を上げ、全体の業績が振るわない中、健闘した。

 消費者家電(CE)部門の営業利益は500億ウォンだった。

サムスン舞台のドラマ あすウェブ公開

 スマートフォン販売量は小幅増えたものの、中低価格帯製品の割合が増えた上、従来製品の価格が下落し、平均単価が下がったと、サムスン電子は分析した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。