Go to Contents Go to Navigation

韓国の対中輸出 2カ月連続増加=中間財など好調

記事一覧 2014.11.02 11:10

【ソウル聯合ニュース】韓国の産業通商資源部によると、10月の対中輸出額は前年同月比3.7%増の136億3400万ドル(約1兆5300億円)となり、2カ月連続で増加した。

 韓国の最大輸出先、中国への輸出額は5月から4カ月連続で減少したが、9月に増加に転じた。

 輸出増加の好調はパソコン部品や石油製品、半導体、石油化学など、中間財と原材料がけん引した。中国の海外輸出が好調で、中間財を供給する韓国の対中輸出も増えている。

 対中輸出の伸びは年末まで続くとの見通しが多くなっている。中国の主要輸出先、米国で最大の商戦期に当たる11月のブラックフライデーと12月のクリスマスを迎え、中国に中間財を供給する韓国の輸出も増えると見込まれる。

 ただ、貿易業界関係者は「中国は中間財を自国製品に代替しているため、中国の輸出好調が韓国の対中輸出増加につながらない可能性がある」として、「中国の内需市場を積極的に攻略する必要がある」と提言した。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。