Go to Contents Go to Navigation

速報:セウォル号船長に懲役36年 韓国地裁判決

記事一覧 2014.11.11 14:32

速報:セウォル号船長に懲役36年 韓国地裁判決

主役不在の誕生会 沈没事故で依然不明
沈没事故遺族ら 大統領府前での座り込み中止
沈没事件真相究明に向けた特別法が可決
沈没船の捜索終了 取り残された不明者家族

【光州聯合ニュース】韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、乗客を救助せずに船を脱出したとして殺人罪などに問われた船長のイ・ジュンソク被告(69)ら乗組員15人の判決公判が11日、南西部の光州地裁で開かれた。裁判所はイ被告に懲役36年を言い渡した。殺人罪は認められなかった。

 検察側は論告で、イ被告が乗客らに船室で待機するよう船内放送で指示し、救助措置を取らずに船から脱出したとして殺人罪が成立すると主張。これに対し、イ被告は乗客が死んでも構わないとする「未必の故意」を否定していた。

 事故は4月16日に韓国南西部の珍島沖で発生し、これまで295人の死亡が確認され、9人が行方不明となっている。韓国政府はこの日、行方不明者の捜索を打ち切ると発表した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。