Go to Contents Go to Navigation

ソニー・ピクチャーズ 韓国から撤退へ

記事一覧 2014.11.12 14:12

【ソウル聯合ニュース】米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが韓国での映画配給事業から撤退する。

 ソニー・ピクチャーズ・コリアは12日、「米本社の決定により韓国での配給事業は年末まで行う予定だ」と発表した。20日に韓国で公開されるブラッド・ピット主演の戦争映画「フューリー」が韓国での最後の配給作品となる。同社撤退後、ソニー系列の映画やアニメーションはUPIを通じて韓国に配給される。

 1990年代にコロムビア・トライスターの韓国支社として進出したソニー・ピクチャーズは、2006年に米ウォルト・ディズニーと合弁でソニー・ピクチャーズ・リリーシング・ウォルト・ディズニー・スタジオ・コリアを設立した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。