Go to Contents Go to Navigation

東京学芸大 12月に韓国語スピーチコンテスト開催 

記事一覧 2014.11.17 12:15

【ソウル聯合ニュース】日本で在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチ(憎悪表現)や嫌韓の雰囲気が広がっている中、東京学芸大では韓国語のスピーチコンテストの準備が進められている。

 同大学では先ごろコリアンスピーチコンテスト実行委員会が組織された。コンテストは12月19日に校内で開催されることが決まった。

 同大学韓国学研究所所長の李修京(イ・スギョン)准教授は「右翼の嫌韓デモが日本全域に広まったことで、わが校でも韓国語を習う受講生が大幅に減り、韓流ドラマが流行していた頃に比べると環境は非常に劣悪になった」と話す。こうした環境でも韓国語を習い楽しんでいる学生たちに応援と激励の時間が必要だと判断したとコンテストの趣旨を説明した。

 また、コンテストが韓国語と親しむ契機となり、韓国を少しでも理解する時間となることを期待した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。