Go to Contents Go to Navigation

国産パワーパック搭載の戦車 17年までに戦力化=韓国

記事一覧 2014.11.19 12:02

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁は19日の防衛事業推進委員会で、国産エンジンと変速機を組み合わせたパワーパックを搭載した次期主力戦車「K2」約100両を2016~17年に実戦配備することを決定した。

 ドイツ製パワーパックを搭載したK2の第1次生産分約100両は今年7月から来年前半までに戦力化が完了する。

 防衛事業庁のキム・シチョル報道官は委員会後の記者会見で、「北に比べ数で劣る機甲戦力を質で上回り、老朽化した旧型M系列戦車を代替する」と説明。海外輸出にも期待を示した。

 韓国製パワーパックは開発の過程で軍合同参謀本部が加速性能の基準を引き下げたことで議論を呼んだ。軍当局は当初、時速32キロに到達する基準を8秒と提示した。しかし、実際にK2に搭載してテストした結果8.7秒かかったことを受け、合同参謀本部は先月末、基準を8秒から9秒に引き下げた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。