Go to Contents Go to Navigation

韓国消費者の日本ネット通販利用急増 円安で割安感

記事一覧 2014.11.20 10:28

【ソウル聯合ニュース】円安の進行で日本の商品が割安になったことを受け、韓国の消費者による日本のインターネット通販の利用が活発になっている。

 海外宅配代行韓国最大手、モールテールの日本からの宅配代行件数は9~10月に1万3700件となり、前年同期比107%の増加を記録した。7~8月に比べても24%増加した。

 同社が9~10月に配送を代行した日本の商品のうち、最も物量が多かったのはヘアケア製品「ハホニコ ラメラメトリートメント」だった。

 アマゾンジャパンなどで同製品は1万5000円ほどで購入できるが、円安にもかかわらず韓国では50万~60万ウォン(5万3100~6万3700円)台で販売されている。

 次いで、プラスチック製ボトル「マイボトル」(日本販売価格1万5000ウォン台、韓国販売価格3万ウォン台)や、「ロイズ 生チョコレート」(同7000ウォン台、同1万8000ウォン)が続いた。

 モールテールによると、ヘアケア用品のほか、キッチン用品や衣類、雑貨、書籍、CD・DVDなどが人気だという。

 ウォンの対円相場は2011~12年に100円=1500ウォン台まで下落したが、12年下半期から上昇し始め、今年8月下旬に08年のリーマン・ショック以来、6年ぶりのウォン高水準を記録した。今月19日現在、100円=943ウォンとなっている。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。