Go to Contents Go to Navigation

放射性廃棄物処理で日本の公益財団と業務提携=韓電技術

記事一覧 2014.11.25 19:22

【ソウル聯合ニュース】発電所の設計や建設などを行う韓国電力技術は25日、日本の公益財団法人である原子力バックエンド推進センターとセシウム汚染物の焼却灰除染実証事業のための業務協約を締結し、放射性廃棄物からセシウムを除去する技術の商用化を目指すことを明らかにした。

 この協約により韓電技術は汚染物質からセシウムを除去する設備を製作・運営する。原子力バックエンド推進センターは、同設備をテストするための敷地と建物を提供し、焼却灰の運搬、廃棄処理などを行う。

 韓電技術関係者は「両国の機関間での協力を通じ、除染設備が商用化されれば、日本の福島における放射性廃棄物管理に活用されるのはもちろんのこと、技術輸出も可能になるだろう」とコメントした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。