Go to Contents Go to Navigation

地対空誘導弾「新弓」の赤外線探索機 開発に成功=韓国

記事一覧 2014.12.09 11:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の国防技術品質院は9日、携帯用の地対空誘導弾「新弓」に搭載される赤外線探索機を国内技術で開発したと明らかにした。

 探索機は航空機から放出される微細な赤外線エネルギーを探知・追跡し、誘導弾が敵の航空機に命中するようサポートする「目」と「頭脳」の役割を担う。米国やロシアなど一部の軍事先進国だけが開発に成功している先端技術とされる。

 開発費は5年間で143億ウォン(約15億5000万円)が投じられた。海外輸出も検討しているという。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。