Go to Contents Go to Navigation

マレーシア海域で韓国船舶が爆発事故 韓国人ら2人死亡

記事一覧 2014.12.11 18:26

【ハノイ聯合ニュース】マレーシア海域を航行中だった韓国の船で10日(現地時間)、爆発事故が発生し、船員2人が死亡した。現地メディアが11日、報じた。

 マレーシア海上警察によると、10日午後7時(現地時間)ごろ、東部のカパス島近くを航行していた韓国の船でガス漏れが原因と見られる爆発事故が発生した。爆発による火災で、韓国人とミャンマー出身の船員2人が死亡、韓国人とミャンマー人の船員2人がけがをした。

 遭難信号を受け救助船が約40分後に事故海域に到着したところ、火災はすでに鎮火した後だったという。死傷者は近くの病院に搬送された。

 この船は、液化天然ガス(LNG)を積むためにタイの港に向かっていた。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。