Go to Contents Go to Navigation

口蹄疫感染拡大 危機警報を「警戒」に=韓国

記事一覧 2014.12.18 18:15

【世宗聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は18日、忠清北道曽坪郡の養豚場で今月に入り全国で9回目となる口蹄(こうてい)疫が確認されるなど感染が拡大する兆しを見せていることから、危機警報を注意から警戒に高めたと発表した。危機警報は関心、注意、警戒、深刻の4段階に分かれている。

 これを受け、口蹄疫が確認された地域で飼育されているすべての豚を対象に緊急予防接種が実施されることになった。また、感染が疑われる症状を見せる豚を中心に殺処分するものの、ワクチン接種実施の有無や抗体の形成率などを考慮し、該当の養豚場や農場全体に殺処分範囲を拡大する方針だ。

 同部など防疫当局は、今回の口蹄疫が養豚場で流入したウイルスが原因となり、ワクチン接種が不十分な豚から発生したと推定している。 

 また、今回の口蹄疫ウイルスはO型で、韓国で接種したワクチンの類型のため、全国的に広がる可能性は低いが、周辺にウイルスが残っている状態でワクチン接種にもれがあれば、さらに感染が広がる可能性があると説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。