Go to Contents Go to Navigation

サイバー危機警報1段階引き上げ 原発文書流出で=韓国

記事一覧 2014.12.23 15:31

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は23日、原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)からハッキングと推定される方法で図面などの内部文書が流出した問題を受け、サイバー危機警報のレベルを「関心」から「注意」に1段階引き上げた。

 サイバー危機警報は「正常」「関心」「注意」「警戒」「深刻」の5段階に分けられる。

 「関心」はサイバー攻撃で被害が発生する可能性がある場合、「注意」はサイバー攻撃により被害が発生した場合にそれぞれ発令される。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。