Go to Contents Go to Navigation

当局調査官を逮捕・家宅捜索 大韓航空と癒着の疑い

記事一覧 2014.12.24 10:47

当局調査官を逮捕・家宅捜索 大韓航空と癒着の疑い

大韓航空トップが謝罪

【ソウル聯合ニュース】大韓航空の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前副社長が自社機内で乗務員のナッツの出し方に激怒し、機内サービスの責任者を降ろして離陸を遅らせた事件で、検察は24日、大韓航空との癒着が疑われている国土交通部の調査官の事務所と自宅の捜索に入った。

大韓航空に行政処分

 ソウル西部地検は午前10時、国土交通部の航空鉄道事故調査委員会と調査官宅に捜査官を送った。事件に関連した調査記録などを確保している。

大韓航空前副社長「申し訳ありません」

 検察はまた、同調査官に対する逮捕状を取り、事務所で身柄を確保した。

聴取12時間 沈黙の大韓航空前副社長

 同調査官は大韓航空前副社長の事件を調べた際、証拠隠ぺいに関する調査内容を同社の役員にリークした疑い(公務上の秘密漏えい容疑)が持たれている。国土交通部への入庁前に大韓航空で15年間勤務しており、同社の役員と親交が深かったとされる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。