Go to Contents Go to Navigation

電子たばこ販売が急増 来年のたばこ値上げ見据え=韓国

記事一覧 2014.12.25 14:50

【ソウル聯合ニュース】香りや味の付いた液体を蒸発させて吸う「電子たばこ」の売り上げが韓国で伸びていることが、25日、明らかになった。

 来年からたばこの価格が2000ウォン(約217円)上がることに加え、禁煙区域がすべての食堂やコーヒーショップなどに拡大するため、禁煙に挑戦する喫煙者の需要が高まっているものとみられる。

 ネット通販大手のGマーケットによると、今月に入ってから22日までの電子たばこの販売量は前年同期比の17.14倍となった。最近1カ月(11月23日~12月22日)では15.88倍だった。

 電子たばこの販売は年初から増え続けていたが、9月11日に政府がたばこ税を来年1月から1箱当たり2000ウォン引き上げる方針を発表してから増加幅が大きくなった。 

 また12月に入り、保健福祉部が国民健康増進法を改正し、禁煙区域を拡大する方針を明らかにすると、売り上げはさらに増加した。

 だが、電子たばこは現行法ではたばこに分類されるため、禁煙区域では吸うことはできない。室内や禁煙区域で摘発されると、10万ウォン(約1万1000円)の過料が科される。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。