Go to Contents Go to Navigation

韓国漁船が日本のEEZ侵犯 両国が共同捜査中

記事一覧 2014.12.25 17:04

【釜山聯合ニュース】25日午前9時51分ごろ、韓国南東部・釜山沖で漁船1隻(27トン)が機関故障で漂流し、日本の排他的経済水域(EEZ)を約0.8マイル(約1キロ)越えた。

 海上保安庁の巡視船が同船に近づき、船を止め検査を受けるよう命じたが、機関が故障していた同船は命令に従うことができなかった。海保の巡視船2隻は同船が停船命令を聞かず、逃走すると見なし、同船を両側から止めようとした。 

 韓国の漁船が海保の巡視船に追跡されているという連絡を受けた韓国南海海洋警備安全本部は、状況対策チームと警備艇3隻を同海域に派遣。双方が一時、対峙(たいじ)する状況となった。

 同本部は同船が故意にEEZを侵犯したのではなく、不法操業により日本に拿捕(だほ)される理由がないと判断し、海保に対し共同調査を提案した。

 双方は3人ずつ派遣して共同調査団を構成し、機関故障の有無など同船が日本側EEZに進入することになった経緯を調査している。また不法操業など違法行為があったかについても調べている。

 同本部の関係者は、「漁船は機関故障でEEZを侵犯したため、拿捕の対象ではない」と説明した。ただ、違法操業などが確認される場合は担保金を支払うことになるという。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。