Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のネット不安定な状態続く 中央通信は一時ダウン

記事一覧 2014.12.26 09:30

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が運営する主要インターネットサイトは、26日も接続が不安定な状態になっている。

 朝鮮中央通信のホームページは26日午前1時から約7時間、完全に接続不能となった。午前8時半現在、時折つながることもあるが、通信速度は大変遅く、不安定な状態だ。

 韓国向け宣伝サイト「わが民族同士」も前日から不安定な状態で、現在はほぼ接続できない。

 対外宣伝サイトの「柳京」と「朝鮮の今日」、高麗航空のホームページなども接続しにくくなっている。

 北朝鮮の国別ドメイン「.kp」を使うサイトは23日、一斉に接続障害を起こした。24日には中国にサーバーを置く北朝鮮のサイトも接続不能になった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。