Go to Contents Go to Navigation

サムスン洗濯機損壊疑惑 LG本社を家宅捜索=韓国検察

記事一覧 2014.12.26 14:54

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子がドイツ・ベルリンの家電量販店に展示した自社製洗濯機を故意に壊したとしてLG電子の社長らを告訴した問題で、ソウル中央地検は26日、LGの本社(ソウル・汝矣島)などを家宅捜索した。

 今年9月、家電見本市が開かれていたベルリンの家電店で、サムスン製ドラム式洗濯機のドア部分が破損しているのが見つかった。サムスン側は防犯カメラの映像を基に、LG電子の趙成珍(チョ・ソンジン)社長や役員らが壊したと主張し、業務妨害や器物損壊などの疑いで告訴した。

 これに対し、LG側は「製品の使用環境をテストしただけ」とし、サムスンの役員らを証拠偽造や名誉毀損(きそん)などの疑いで告訴した。

 検察は趙社長に出頭を要請したが、同氏は来月米ラスベガスで開催される家電見本市に参加した後に聴取を受ける方針だ。ただ、趙社長は現在、捜査のため出国が禁じられている。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。