Go to Contents Go to Navigation

新古里原発3号機建設現場でガス漏れ 3人死亡=韓国南東部

記事一覧 2014.12.26 19:39

【蔚山聯合ニュース】26日午後5時18分ごろ、韓国南東部、蔚山市の新古里原発3号機建設現場でガスが漏れ、作業員3人が死亡した。死亡したのは、現代建設社員1人と別の協力会社社員の2人。

 死亡した3人は、新古里原発3号機の補助建物地下で、ケーブル貫通部の密閉部分を確認中に事故にあったことが分かった。

 原発側は窒素ガスが漏れ出したものと推定。警察と消防本部とともにガス除去作業を進め、原因については現場を確認していると明らかにした。

 原力側関係者は「稼動中の原発ではないため安全には全く影響がなく、最近問題になっている原発のハッキングとは関連がない」と説明した。

 新古里原発3号機は来年6月に竣工し、稼動する予定。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。