Go to Contents Go to Navigation

「憲法9条にノーベル平和賞を」 韓国政界の重鎮が署名運動

記事一覧 2014.12.30 18:47

【ソウル聯合ニュース】韓国の与野党の重鎮4人が日本国憲法9条をノーベル平和賞に推薦する署名活動を行う。

 署名運動を進めるのは与党セヌリ党の李柱栄(イ・ジュヨン)、陳永(チン・ヨン)国会議員と最大野党・新政治民主連合の元恵栄(ウォン・ヘヨン)、李鍾杰(イ・ジョンゴル)国会議員。

 元議員は30日、報道資料を出し、「与野党や保守・進歩の枠を超え、朝鮮半島と国際平和のために、この署名運動を行うことにした」と明らかにした。

 元議員は「国際社会が日本の右傾化と平和憲法9条の改正の動きに強い懸念を示している」とした上で、「今回の署名運動は国際社会の一員として平和の実現に寄与する現実的な方法」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。