Go to Contents Go to Navigation

朝日新聞への脅迫は「軍国主義の発露」 北朝鮮が非難

記事一覧 2015.01.04 15:43

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は4日、日本の朝日新聞に対し旧日本軍慰安婦問題などの報道姿勢を批判する脅迫文が届いたことについて、「軍国主義の発露」だと非難した。

 同紙は「言論脅迫の真の意図はどこにあるのか」と題した記事で、「朝日新聞脅迫事件は大東亜共栄圏の昔の夢を実現してみせようとする軍国主義者らの無分別な狂いの発露だ」と主張した。

 日本の軍国主義が、客観性と真実性が保証されるべき言論にまで及んでいるとした上で、「日本の反動らが過去の犯罪の歴史を否定すればするほど破滅のどん底に落ちる結果だけをもたらす」と指摘した。

 日本では先月、朝日新聞東京本社に慰安婦問題などの報道姿勢を批判し、謝罪しなければ記者を殺すとの内容の脅迫文と小刀が届き、警察が捜査に乗り出した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。