Go to Contents Go to Navigation

日本の独島教育用動画公開 「重大な挑発」=韓国外交部

記事一覧 2015.01.06 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は6日の定例会見で、日本の内閣官房領土・主権対策企画調整室が独島に関する教育用動画をインターネットで公開したことについて、重大な挑発として強く批判した。

 魯報道官は「国交正常化50周年を迎える時期に、日本政府がわが固有の領土である独島について不当な領有権主張をする動画を公開し、重大な挑発を行ったことに対し、直ちに中止することを強く求める」と強調。その上で、「さらに懸念されるのは、歪曲(わいきょく)された歴史が収められている動画が小学生を含め、未来を担う世代を対象にしているということ」として、国際社会の正しい歴史教育要求に反し、日本の未来のためにも不幸なこととの認識を示した。

 外交部は5日、在韓日本大使館の関係者を呼び、抗議したという。

 一方、安倍晋三首相が戦後70年を迎え、第2次世界大戦への反省などを盛り込んだ「安倍談話」を発表することに関しては、「歴代内閣の談話を継承し、正しい歴史認識に基づいて誠意ある行動をすることで、周辺国や国際社会との信頼を築くことを望む。談話の内容を注視している」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。