Go to Contents Go to Navigation

サムスンは量子ドット LGは有機EL=CESで新型TV

記事一覧 2015.01.07 10:53
サムスン 次世代4Kテレビを初公開

【ラスベガス聯合ニュース】米ラスベガスで6日(日本時間7日未明)に開幕した世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に、サムスン電子とLG電子の韓国勢が新機種のテレビを出展し、高い技術力をアピールした。

 サムスン電子の大規模ブースは、新型テレビ「SUHDテレビ」の65、78、88型が来場者を迎える。微粒子を利用した量子ドット技術で液晶の色再現率を向上させるなど、高画質が特長だ。

 中国勢の中にも今回のCESで量子ドットテレビを出展したメーカーがある。韓国勢の技術にほぼ追いついたのではないかとの質問に、サムスン電子の金ヒョンソク映像ディスプレー事業部長は「重要なのは量産時期だ。われわれはSUHDテレビを来月にも市場に出す」と自信を見せた。

「量子ドットテレビ」で勝負

 LG電子も大規模なブースを設置した。今年は有機ELテレビの普及に本腰を入れるとして、多様な製品を出展している。サイズは55、65、77型、画面はフラットと曲面、角度を調整できるフレキシブルをそろえた。既存の4Kテレビと並べることで、有機ELテレビの優れた画質を実感できるようにした。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。