Go to Contents Go to Navigation

韓国人気歌手 機内で酔い乗務員にセクハラ=FBIが聴取

記事一覧 2015.01.09 14:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気歌手、ボビー・キムさん(41)が米国に向かう大韓航空機内で酒に酔って騒ぎ、米連邦捜査局(FBI)の取り調べを受けたことが9日、分かった。

 大韓航空によると、キムさんは7日午後4時49分、大韓航空便で仁川から米サンフランシスコに向けて出発。離陸から5時間ほどたったころ、酒に酔って乗務員に向かい大声を出した上、女性乗務員の腰や腕を触り「(泊まる)ホテルはどこか」「電話番号は」と尋ねるなどセクハラ発言をしたという。騒ぎは1時間ほど続いた。

 同機が7日午前10時13分(現地時間)にサンフランシスコ国際空港に到着した後、キムさんは大韓航空からの通報を受けたFBIや税関の取り調べを受けた。乗務員2人とキムさんの隣に座っていた乗客2人も事情を聴かれたという。

 キムさんの所属事務所の関係者は、聯合ニュースの取材に対し「(キムさんは)マイレージを使ってビジネスクラスにアップグレードしたが、大韓航空側の手違いでエコノミークラスの席にされ、気分を害していた。ワインを飲んでおり、自分が何をしたかよく覚えていない」と説明した。キムさんは6杯ほど酒を飲んだという。

 キムさんは休暇でサンフランシスコに住む姉を訪ねるため、米国に向かっていた。米国市民権を保有しており、米国で処罰を受ける可能性もある。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。