Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮機関紙 米政府に対話提案の受け入れ促す

記事一覧 2015.01.12 10:39

【ソウル聯合ニュース】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報は12日、韓米合同軍事演習を臨時中止した場合、核実験を臨時中止する用意があるとした北朝鮮の提案は、行動対行動の原則に沿ったものだと説明し、米国に北朝鮮の対話提案を受け入れるよう求めた。

 同紙は平壌発の記事で「合同軍事演習の中断と、(北朝鮮の)核実験の中断を対置させたのは(北朝鮮の各問題の解決を目指す)6カ国協議でも一致した行動対行動の原則に順ずる提案だ」と強調した。

 また、韓米合同軍事演習が防衛目的の訓練だとすれば北朝鮮が緊張緩和に向けた対話の再開を呼び掛けたことに対し、歓迎の意を表すべきだとして米国に対話の提案を受け入れるよう促した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は今月10日、北朝鮮側が9日に米政府に対し、韓米合同軍事演習を臨時中止すれば、北朝鮮側も核実験を臨時中止する用意があるとのメッセージを伝えたと報じた。

 これに対し米政府は、韓米間の合同軍事演習と北朝鮮の核実験を関連づけるのは「暗黙的脅迫」だと強調し、北朝鮮の提案を事実上拒否した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。