Go to Contents Go to Navigation

韓日漁業交渉が妥結 相手側EEZでの操業再開へ

記事一覧 2015.01.12 16:06

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は12日、韓国と日本が9日にソウルで第16回漁業共同委員会を開き、2014年漁期(2014年7月1日~2015年6月30日)と2015年漁期(2015年7月1日~2016年6月30日)の相手側の排他的経済水域(EEZ)での操業条件などについて合意したと発表した。

 2014年漁期の交渉が期限(昨年6月末)までに合意に至らなかったため、両国が昨年7月1日から中断していた相手側のEEZ内での操業は今月20日から再開され、来年6月30日まで続けることが可能となった。

 総漁獲割当量と総許可隻数は韓日ともに6万トン、860隻と2013年の規模を維持した。ただ、2014年漁期の総漁獲割当量については、漁期が残り5カ月余りとなったため過去3年間の平均漁獲量で合意した。

 また、向こう5年間、韓国水域で日本の199トン型まき網漁船の試験操業を許可する代わりに、日本水域における韓国側のタチウオの漁獲割当量が2100トンから2150トンに拡大した。

 次回委員会は2016年に日本で開催される。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。